[ガンダムが飛び出す!]レディプレイヤーワンを4DXで見た感想とVRの将来

どうも!!
最近すごい映画が好きなヨッシーです!!

結論から言うとレディープレイヤー1はめちゃくちゃ面白かったです。

 

レディープレイヤーワンの4DXはどうだった??

気になる4DXの出来ですが
シートの揺れ方についていうと
ぶっちゃけこの前観たスターウォーズよりかは
映像との連動性が少なかった気がします。

 

いや、4DXに慣れたからそう感じちゃったのかも笑

 

スターウォーズは宇宙船や戦闘機の
最初のバトルシーンで本当にコックピットに乗ってる感じがして
めっちゃ楽しかったけど
レディープレイヤー1はあんまりそれを感じなかった気がする

でもレースのシーンはかなり良かったかな!!

最初のシーンのシートの揺れは余計だった笑

 

でも風の感じはすごい良かった

シートと映像の連動性は微妙だったけど
風と映像はいい具合にマッチしてました。

途中で鳥肌立ちましたもん

というわけでレディープレイヤー1は
4DXで見るのがおすすめ!!!!

 

レディプレイヤ―ワンのガンダムかっけええええ

予告のムービーを見るとわかりますが
本作はいろんなゲームや映画の
キャラクターが出てきます!!

日本でよく探せばハローキティ
なんかも出てくるし
激アツな場面ではあのガンダムが出てきます

マジであのシーンは胸アツだった、、、

めちゃくちゃ画質いいし
大画面だし
3Dで飛び出すし
もう最高

機動戦士ガンダム
俺の活躍見てくれよな!!

レディープレイヤー1のストーリーは??

ストーリーは割と面白かったと思います。

VRが世界中に普及してほとんどみんなが
VRをやっているような世界が舞台です。

主人公は貧しい家で育ち
貧しい人たちが共同で暮らすような
複合住宅で住んでいました。

あくまでもVRが発展した未来なので
詳しくは描かれていませんでしたが
複合住宅なんかを見ていると
格差が拡大した未来ってこんな感じなのかな
って思ったりもしました。

VRがもたらすのはもっと楽しい未来!!

そんな感じでめちゃくちゃ楽しかったレディプレイヤーワン

今、僕らは楽しい体験をしたいなら
その体験ができる場所に行かなきゃいけませんが
VRがめちゃくちゃ発達した未来なら
わざわざ長距離を移動する必要がありません。

VRのヘッドセットをかぶって
端末にアクセスすれば
レディプレイヤーワンみたいに
友達と一緒にVR上で遊んだりすることができます。

これってすごい胸アツじゃないですか??

今までは都心部に行かないと
なかなか遊ぶ場所がありませんでしたが
VRさえあれば一瞬で友達と一緒に遊べます

レディプレイヤーワンのようなVRの世界を実現するためには何が必要??

VRの大容量のデータを送れる通信網

今、一般的に使われている通信網は4Gですが
そのうち「5G回線」が開通します。

大手キャリア会社が「2020年を開通目標にしている」
と言っています。

4Gでは2次元の情報しか送れませんでしたが
5Gは4Gに比べて通信速度は100倍、容量は1000倍になる
と言われています。

そうなると5Gでは空間の情報ごと
送ることができる「空間伝送」ができるようになります。

今はVRをするならVRのデータをあらかじめダウンロードしたり
データをあらかじめダウンロードしてある
ディスクなどが必要なわけですが
5Gが開通すればリアルタイムでVRを
することができて
一気にVRが普及するんじゃないかなって思います。

VRのデータ送信に耐えられる大容量サーバー

もしレディプレイヤーワンのような
世界を実現するならば5G回線も必要ですが
その通信量に耐えうるサーバーも必要になります。

まあでもこれはすでにありそう。

お金はかかりそうだけど
今の科学力で何とかなりそう。

フィット感の高いVRヘッドセットの開発

VRで大切なのは没入感

没入感があれば何時間だってVRに没頭することができます。

でもこれはすぐになんとかなりそう

顔周りのサイズを測って
今流行りの3Dプリンターで
簡単にオーダーメイドのヘッドセットを作れそう

自分の動きに合わせて動く床

主人公が使っていましたが
自分の動きに合わせて動く床がないと
実際に足を動かしてゲームができません。

今のゲームはたぶん
ボタン操作でゲーム内のキャラクターを動かしているんだよね

自分の動きとゲーム内のキャラクターの
動きが連動すればもっと没入感が高まりそう

まとめ-とにかくレディプレイヤーワンは見るべき!!-

レディプレイヤーワンはとにかく面白いし
こんな風にいろんな考察を与えてくれるから
とっても刺激的な映画であることは間違いないよ

映画館で見ることをお勧めするよ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!