ビットコインと電子マネーの違い3つ

 

 

ビットコインの売買をして
塾講師のバイトもやっている大学生です。

 

今日はよく比較される仮想通貨と
電子マネーの違いを書こうと思います。

よく「それって電子マネーじゃん」

というツッコミをいただくのですが
仮想通貨と電子マネーは違う物です。

 

何が違うのか見ていきましょう。

 

電子マネーの例として
Suicaで説明していきます。

 

①Suicaは財布!?

②消費者間で交換できるかどうか

③オープンかクローズか

 

 

 

 

①について
Suicaってよくよく考えてみると
ただのお財布なんです。

財布って中身がなくなったら
ATMへ行って残高から引き出して
財布に入れますよね。
そして物と変える。

Suicaも中身がなくなったら
駅の券売機へ行ってお金入れて
チャージしますよね?
お金を特定の場所で物と交換できる
データにしただけです。

 

財布と電子マネーだと
ATMからチャージするか
JRからチャージするか
の違いしかないんですよ。

 

 

②について
通貨から電子マネーにしちゃうと
読み取り機がある場所でしか使えません。

しかし仮想通貨は自分のウォレットさえ
持っていれば個人間でも通貨の
受け渡しがあります。

 

ウォレットの取得方法は簡単です。

取引所のアプリをダウンロード
するのもいいしウォレット専用の
アプリである「BLOCKCHAIN」
をダウンロードするのもありです。

 

(セキュリティ上、取引所で
交換した後は専用のウォレットに
移しておくのがより良いです。)

 

アドレスを持っていれば
誰でも通貨を送受信できるので
海外に送金する際に銀行を通すと
めちゃくちゃ高くなるような
手数料がかなり低く抑えられます。

 

③について

SuicaってJRで日本円と変えたら
JRが管理する中でしかSuicaの
残高は使えません。
つまりクローズな環境です。

 

しかし仮想通貨はインターネットに
接続できる環境さえあれば
誰でも利用できるので
オープンな環境です。

オープンなので世界の誰でも

取引状況が見れ、やろうと思えば

僕でもあなたでも

誰でもマイニング(取引の不正を取り締まる操作)

ができます。

 

 

 

 

3つの電子マネーと仮想通貨の
違いを述べていきました。
皆さんの理解を助ければ幸いです。

ブロックチェーンの説明などの
細かい話はまたおいおい書いていきます。

 

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!