大学生が考えたクレジットカードの存在意義

 

どうも!
クレジットカードを
3枚持ってる大学生です!

 

クレジットカードって
すごい便利ですよね。

 

マイルやポイントも貯まってお得!
ですがクレジットカードってなんで
あるのか考えたことありますか?

 

自分なりに考えてみたんですが
おそらく企業がお金を使うことへの
ハードルをさげるために
クレジットカードを作って
いるのだと思います。

 

お金を使うことへのハードルを
下げているポイントは以下の2点です

①支払いが約1ヶ月先になる
②ポイントやマイルがつく

 

 

支払いが約1か月先になる

クレカって支払いが1ヶ月先になりますよね

そうすると
「来月には給料入るから今お金なくても買っちゃえ!」
ってなるわけです。

未来の自分からお金を
借りてるわけですね。

 

ポイントやマイルがつく

例えば楽天カードだったら
1%のポイントが付きます。

何かを買う時に
「ポイントもらえるからちょっと高いけど買っちゃうか!」
となっちゃうわけです。

1%なんて微々たるものだから
考慮しないほうがいいんですけどね。

 

①と②によって

クレカ→消費意欲アップ→企業の売上アップ
って図式が完成するわけです。

 

クレカを使いすぎて
払えなくてブラック名義になってしまった人とかいませんか?

企業にとっては嬉しいですが
消費者にとってはデメリットになることがあります。

 

賢く使えばお得なクレカですが
企業の思惑があることを忘れないようにして使いましょう。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!