[結婚・車・マイホームの費用]大学生が今から考える将来の費用と節約法

 

 

どうも!!

大学生のよっしーです!!

 

なかなか今の日本経済ってお寒いですよね。
そこからくる不安感からかちょっと前まで
「お金に強くなりたい」って思ってました。

 

お金に関する本やサイトをかなり見回りました。
そのいろいろな媒体から得た情報を以下に書いていきたいと思います。

 

 

 

人生の四大コスト -結婚・車・マイホーム・家族-

 

みなさんは人生の四大コストって知ってますが??

 

人生における四大コストとは以下の四つです。

 

  1. 家族 (6500万円かかる)
  2. 家  (6000万円かかる)
  3. 自動車 (買い替え、維持費などを含めると4200万円かかる)
  4. 結婚  (550万円かかる)

 

世間一般的に幸せだと思われている人が
持っているようなものですね。

 

「マイホームを買うのが夢!!」みたいな刷り込みは
企業によるもので別に上の四つを買わなくても幸せな人は
幸せなんでしょう。

 

 

「車がどうしても欲しい!!」って人は
車買ったほうがいいかもしれないけど

「俺あんまりほしくないけどみんな買ってるし
俺も買うか」
みたいな人は完全に企業のマーケティングに
やられています。

 

 

では「人生の四大コスト」をリストアップして
最初はかかる費用を

実際にリアルに考えてみます。

 

 

 

 

結婚にかかる費用

 

結婚にあこがれを持つ人もいるでしょう。

僕はそんなに興味はありませんが
お金がかかるってことくらいは知っていました。

具体的な額は知りませんでしたがこの記事を書くときに調べてみて
その額に驚愕しました、、、

 

ゼクシィのHPによると平均354.8万円、、、

 

お金をたくさん持っていたらいいけど
持ってないとこれはきついな、、、

 

てかこれだけ出せるなら自己投資か
子供のために貯金しておくほうがいいんじゃないすかね(白目)

 

 

家族を持つとかかる費用

冒頭に家族を持つと生涯でどのくらいお金がかかるのか。

生活費.comというサイトで子供を持った場合の子供の人数や通信費

家賃、光熱費を入力すると大体の月の生活費が算出されます。

僕の場合は約38万円でした。

 

家賃、光熱費なんてわかんねーよ!!
って人も安心してください。
僕もわかりませんでしたが
大体の値が元から入力されています。

 

 

いや、、、やっぱお金かかるね、、、

 

将来のこといろいろ考えなきゃなあ(遠い目)

 

 

 

 

 

車にかかる費用

 

車はいらない

僕は車がすごい好きってわけでもないので車はいらないです。

 

周りに駅もないしバス停もない

とか車がないと困るような人は
もちろん買うべきですが
今の時代、主要都市周辺ならぶっちゃけ
車がなくてもそんなに困りません。

 

車自体が高いですし、車検、自動車税なんかもかかってきます。

 

以下に常陽銀行HPより拝借した表を掲載します。

 

軽自動車 普通車 備考
自動車税 10,800円 39,500円 普通車は2000ccクラスと仮定
自動車重量税 3,300円 16,400円 普通車の重量は1.5t超と仮定
ガソリン代 90,000円 112,500円
車検代 50,000円 50,000円
自賠責保険代 13,185円 13,920円 24ヶ月で
軽自動車 26,370円
普通車    27,840円
任意保険代 40,000円 40,000円
駐車場代 120,000円 120,000円
合計(年間) 327,285円 392,320円
月額平均 27,273円 32,693円

 (出所)常陽銀行HP

 

安い軽自動車でも年間で32万円!!!

 

やっぱり高い。

 

 

シェアリングエコノミーで費用節約

最近はメルカリのモバイクなどの

シェアリングエコノミーが活発になっています。

 

車だとタイムズのカーシェアリングです。

タイムズのカーシェアリングだと
15分間で206円で利用できますし
長時間のプランでもレンタカーよりも安い場合があります。

 

カーシェアリングとかレンタカーを利用するなら
駐車場もかからないし
たまに車を利用するくらいなら
不便さも感じないと思います。

 

この辺を使ってうまく節約しよう。

 

 

 

マイホームの費用

 

 

そもそもマイホームって本当に要るのかな?

 

この先、マイホームの資産価値は下がってくる

ちょっと考えてみればこの

「この先、資産価値が下がる」ってことは
かなり当たり前のことだと思います。

 

いま日本は少子高齢化です。

少子高齢化になると今まで土地を持っていた
おじいちゃんおばあちゃん世代の人が逝ってしまわれると
マイホームがどんどん手放されマイホームがどんどん余っていきます。

つまり、供給が増えます。

 

 

そして若者の数も少なくなっていくので
需要が減ります。

 

供給が増えて、需要が減るんだから

マイホームの価格は下がると思いませんか?

つまり自分が思うに

「資産価値があるからマイホームを買う」

とはならないわけです。

 

賃貸はライフスタイルに合わせて変えられる

賃貸の強みを考えてみます。

賃貸の強みは気軽に引っ越しできることです。

 

勤務地が変わったり、子供が社会人になって家を出たり
ライフスタイルが変わることは人生の一度や二度
くらいはあると思います。

 

賃貸はそのたびにそのライフスタイルに合った
家を選びライフスタイルに合った暮らしを
することができますが
持ち家の場合それは不可能です。

 

 

 

保険には入らず費用節約

 

ケースバイケースですが

保険っていりません。

 

特にがん保険はいらないです。

 

 

「2人に1人はがんになる」に潜む誤解

 

保険会社が商品の宣伝文句として謳っている上記のキャッチフレーズ。

「2人に1人はがんになる」っていうのは本当ですが
一部に注目した場合の数字です。

 

しかも今はデータが変わって

生涯でがんで死ぬ確率は25%

つまり4人に1人です。

 

国立がん研究センターのHPより

 

現在年齢別がん死亡リスク
例:現在40歳の男性が20年後までにがんで死亡する確率=2%

男性

現在の年齢 10年後 20年後 30年後 40年後 50年後 60年後 70年後 80年後 生涯
0歳 0.0% 0.0% 0.1% 0.2% 0.5% 2% 6% 15% 25%
10歳 0.0% 0.1% 0.2% 0.5% 2% 6% 15% 25%
20歳 0.0% 0.1% 0.5% 2% 6% 15% 25%
30歳 0.1% 0.4% 2% 6% 15% 25%
40歳 0.3% 2% 6% 15% 25%
50歳 1% 6% 15% 25%
60歳 5% 14% 25%
70歳 10% 22%
80歳 16%

 

 

ただ、少し昔のデータだと「2人に1人」なので嘘ではないです。

 

ただし

生涯でってのがポイントです。

 

上の表を見てみると
僕たち約20歳が40年後
つまり60歳の時にがんで死ぬ確率は

たった2%です。

 

この2%のためにお金をはらいますか??
僕だったら払いません。

 

てか人はどうせ何かしらの理由で死ぬんだから。

 

 

「2人に1人はがんになる」というキャッチコピーを
考えた人は天才ですわ。

 

嘘ではないですが数字を巧みに操って
商品を消費者に買わせる。

消費者側も
「普段、私たちを安心にさせてくれる保険会社
の言っていることなんだから間違いない!!」

と言って信じて疑わないですしね。

 

 

「嘘つきほど数字を使いたがる」ということは覚えておきましょう。

(保険会社は嘘はついていませんが)

 

 

高額医療保障制度がある

もしその2%になってしまって

がんにかかっても

高額医療保障があることを忘れないようにしましょう。

 

高額医療保障は国民全員が入っているもので
所得にもよりますが100万円の治療費が

10万円程度になったりします。

 

治療が長引くともっと額が大きく
なることもあるみたいですが
高額医療保障を使えば実はそんなに
保険って必要ないんです。

 

なのでがん保険はマジでお勧めしないです。

 

 

 

一番重要なのは費用節約じゃなくて年収を増やすこと

 

これまでに「保険には入らない」とか
「車はシェアリングを使う」とか
小手先のテクニックを紹介してきましたが一番重要なのは

収入を伸ばすことです。

 

僕も収入を増やすのとアウトプットが目的で
このブログを書いています。

 

僕はずっと小手先で自分のもとにお金を増やそうと
考えていましたが
この本がそれを大きく変えてくれました。

 

 

もちろんこの本にも小手先のテクニックは
山ほど書いてありますが
この本にはテクニック以外のお金に対する
マインド、考え方が書いてあります。

 

 

この一冊で考え方が大きく変わるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

いかかでしたか??

家と車と保険を買わないだけで生涯で1000万くらいは
浮きそうな気がします。

 

 

お金を節約するにはCMや宣伝に惑わされずに

自分の頭で考えることが重要だと思います。

 

 

最後まで読んだいただいてありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!