[比較とレビュー]理系大学生がAppleのMac book AirじゃなくてMicrosoftのsurface proを買うまでの道のり

 

どうも!

つい2,3日前にsurface proを買ったよっしーです!!
Surface Proで快適に手書きでノートも
とってます!!

[ONE NOTEとは!?]紙のノートはもう古い!大学ノートをSurface proとONE NOTEでとる利点と使い方

2018年5月2日

ノートをパソコンで手書きでとりたいなら
大学1,2時、つまり早い時期に買っておくほうが楽だよ!!

大学1,2年の時は科目数が多いからノートの冊数が多くなりがち。
SarfaceでノートをとるとすべてがSarface1つで記録できるので楽ちん!!

そして僕がSarface proを買った3か月後にSurface Goが発表、、、
大学生的にはGoのほうがいいかと思います。

[大学生はどっちを買うべき?]Surface GoとSurface Proのスペック比較

2018年7月29日

大学生っていうと何かとMacbookを買いがちですよね。

僕もめちゃくちゃ迷いました。

結局、surface proを買いましたが、
それに至るまでの道のりを書きたいと思います。

 

 

パソコンを買おうか迷っている人は参考になると思います!!

 

 

 

 

理系大学生がsurface proを買いたくなった理由

 

僕がノートパソコンを買いたくなった理由は

  1. 通学時間が長いから電車の中でエクセルとかの作業をがっつりしたい
  2. 大学の授業のノートをパソコンでとりたい
  3. ブロガーの友達とかと一緒に作業がしたい

っていう理由でノートパソコンが買いたいなって思いました。

 

最終的にSurfaceProでなくてはならない理由は
タブレットにもなる2in1のかっこいいパソコンだったからです

 

では検討したそれぞれの理由や
僕がSurfaceを買うときに実際に考えたことなどを
細かいところまで書いていきます。
 

 

なぜmac book proではなくsurface proにしたのか

おしゃんな大学生なみんなMacを買っている、、、?
でも、最終的にはmacではなくてsurface proを買いました。

なぜsurface proを買って使ってみた感想と理由を説明します

 

 

大学のノートをパソコンでとりたかった

 

surface proはタッチパネルだけどmac bookはそうじゃない

 

今までは僕は大学の授業のノートを紙で書いていたのですが
同じ学部の留学生の友達はipadでノートをとっていました。

[ONE NOTEとは!?]紙のノートはもう古い!大学ノートをSurface proとONE NOTEでとる利点と使い方

2018年5月2日

それを見た僕は「めちゃくちゃ便利そう!!」と思って
ノートパソコン購入を検討しました。

 

それまで僕は家にデスクトップパソコンはあるものの
持ち運べるほど軽くはなかったので
自分の持ち運び可能なパソコンは持っていませんでした。

大学生ってみんな入学した時からパソコンを持ちたがるけど
たいていの人は家にパソコンがあればいりませんしね。

文系の人は大学のノートを普通のパソコンでタイピングでとることは可能だけど

理系の僕は数式とかをバリバリ授業中に書くわけで
それをパソコンで全部入力しようとすると
あっという間に授業から置いてけぼりをくらいます。

なので手書きでパソコンでノートを取りたかったので
iPadやsurface proのように画面がタッチパネルとなっているデバイスが欲しかった。

そこで僕はiPadとMac book、両方とも買えばいいやん!!と思った

 

SurfaceじゃなくiPadとmac bookを買うという選択肢

 

これなら「タッチパネルのデバイスが欲しい」っていう願望と

「プログラミングがやりやすいしかっこいいMacbookが欲しい」っていう願望の
両方を満たせるじゃん!!!
って思いました。

でもやっぱり高かった、、、

iPad proじゃない普通のiPadでもあわせて16万くらいかかるかな

なのでやっぱり大学のノートをデジタルでとるならiPadかSarfaceがいいんですよね。

 

 

iPadのみを買うという選択肢

 

これも考えたのですが、iPadはいい意味でも悪い意味でも

大きいiPhoneなのです。

OSはiOSなのでプログラミングの
開発環境をインストールすることができません。

まあ今は少しコードを書くくらいだったら
スマホアプリとかでもできるみたいだけど。

大学のパソコン(Windows)との互換性が悪い

ほとんどの大学のパソコンのOSはWindowsです。

 

surfaceじゃない別のモデルだったら4万から6万円で済む

 

僕が買ったsurfaceなどの最新モデルではない
富士通とかのモデルならかかる費用は
4万円から6万円で済みます。

僕はコジマ電気でsurfaceを買ったのですがその時に
ほかのパソコンもさらっと見て回りましたが
4万か6万円台でそんなに性能が悪くなくてかっこいい
パソコンがちらほらありました。

 

普通の大学生がレポートやネットをやるだけならそれくらいのパソコンで十分です。
(てか大学に貸し出し用のパソコンあるしね)

理系の自分でさえとりあえず今までの大学2年生までは
自宅のパソコンと学校のパソコンで十分でした。

 

理系大学生でも3Dを使わなきゃsurfaceのメモリは4GBで十分

 

パソコンの処理能力のひとつの目安となるメモリ

みんなかなり気にするようですが

コジマの店員さんによると4GBで十分なようです。

いろんなサイトで調べましたがそうみたいです。

 

例えばこのサイトとかは詳しく書いてあります。

 

コジマの店員さんによると
大学生が普段パソコンをいじってもメモリは基本1GB
多くて2.5GB程度だそうです。

 

プログラミングしててもそれは同様で

よほど重い操作でもしない限り4GBで十分だそうです。

 

なのでメモリは4GBで決定です。

 

 

 

プログラミングをするならMac?それともsarface?

 

「プログラミングするならマック」みたいなことを聞きましたが

僕が調べた結果、swiftでプログラミングしたいならMacじゃないとだめだけど

ほかの言語ならマックのほうが便利だなって程度なので
プログラミングについてはMacに固執しなくてもいい
って結果になりました。

 

まあよくよく考えてみればエンジニア全員がMac使ってるわけでもないし。

たぶん自分くらいのへなちょこプログラマーにはそんなに影響しないだろうしね。

 

 

 

 

結局、理系大学生の僕はsurfaceを買った

 

散々迷いましたが結局surfaceを買いました。

Surfaceにした最終的な理由は画面がタッチパネルでタブレットにもなるからですね。

これ以降はsurfaceを使ってみての感想を書きます。

 

 

軽さではMacbookAirのほうが上

 

軽さではMacbookAirが圧勝です。

でもsurfaceも別に重いってわけじゃないかな。
キーボードはペラペラだし。

 

一応、surface proでも膝の上でいじれる

 

surfaceはタブレットになっているので
タブレットとキーボードの間を固定するものがありません。

なので
こんな風に後ろをパカッてあけて固定します。

 

こんな風に普通のノートパソコンとは
違って支点が必要になるので状況は選びますが
膝の上にsurface proを乗せて作業することも可能です。

surfaceはマックスでここまで開くので電車の中で課題を解いたりして
タブレットとして使うときはこの状態で膝の上に置くと
ちょうど画面を見やすい角度になります。

 

 

 

Surface proの便利機能!!顔認証もできる

 

surface proでは顔認証ができます。
パスワードとか入力する必要がないのですごい楽です。

顔認証はMacにはまだないみたい。
まあ次のモデルあたりで顔認証ありのモデルが発表されると思うけど。

顔認証の精度はまあまあってくらいかな。
髪の毛を左で分けるときはなぜか反応しないときがあるけど。笑

 

 

Surface proのペンは?

 

surface proを買った後に迷うのが
surfaceで手書きで書き込むときのペン。

 

散々迷いましたが僕はこれを買いました。

 

最新型の純正のペンと僕が買った型落ちペンの違いをいくつか挙げますが
結論から言うと普通の人は僕が買った型落ちのペンで十分です。

 

 

型落ちペン 最新型
 筆圧レベル 2048  4096
 ボタン 消しゴム、右クリックボタン 型落ち+トップボタン
 傾き検知  なし  あり

 

型落ちでも筆圧を読み取ってくれて文字の太さが変わるし
傾き検知とかはデザイナーでもない限り必要ないです。

なので僕たち一般ピーポー的には
型落ちのペンで十分です。

唯一、最新型が便利だと思ったのが

トップボタンです

 

トップボタンは設定で一気にアプリに飛んだりできるので便利です。

 

まあ、自分が買ったこのペンも十分かっこいいし

これを買ってよかったって感じですね。

 

書き味も良い

 

ほんと普通に鉛筆で書いているみたいだし
とにかく何が言いたいかっていうと僕が買った型落ちで十分
ってことです。笑

 

 

surface proを使って感じたちょっとしたデメリット

実際に買って使ってみていくつか
「ここは改善してほしいな」ってところがありました。

windows10に慣れるのに時間がかかった

これはsurface proについてではないですが
iOSに慣れている人は最初はちょっと使いにくいと思います。
(iOSはスマホのOSだしね)

どんなところが使いにくいかというと
例えばiPhoneってアプリをインストールすると
ホーム画面に追加されますが
windowsは別の場所に追加されるので
ちょっと不便です。

でもこれはタスクバーかスタート(windowsキーを押すと出てくる画面)
に追加すればすぐに改善が可能です。

やり方は追加したいアプリの上で右クリックして
「スタートに追加」か「タスクバーに追加」を
選択すれば可能です。

タブレットモードが使いづらい

surface proは
キーボードが取り外し可能なんですけど
キーボードを取り外すと自動的に
「パソコンモードからタブレットモードに変えますか?」
って聞いてくれます。

これはすごいなって思うんですが
そもそもタブレットモードが使いにくい

タブレットモードにすると
デスクトップ画面が消えてその代わりに
スタートの画面がホーム画面的になります。
デスクトップ画面がなくなるのがめっちゃ使いづらいんですよね。

公式によるとアプリを起動すると
自動的に全画面表示になるようです。

僕がキーボードを外してsurfaceをタブレットとして
使う時ってアプリを使うときじゃなくて
PDFを縦画面で見たいときとかなんですよね。

今はもうタブレットモードはほとんど使ってないです。

どっちも致命的なデメリットではない

一応、デメリットも上げてみましたが
「これのせいでめちゃくちゃ使いにくい!!」
ってなるほどの致命的なデメリットではないので
そんなに気にしなくていいと思います。

人によってはデメリットがメリットになる
かもしれませんしね。

 

 

まとめ -Surfaceなどのパソコンを買うか迷っている人へ-

新しくパソコンを買おうか迷っている人は
自分がパソコンが必要な理由をよく考えてみるといいですよ!

そもそも論で
大抵の大学生はsurfaceやMacbookじゃなくても十分なんですよね。

(環境によってはノートパソコンなんかいらない)

自分もブログ書いたりプログラミングしたり通学時間が長くなかったら
ノートパソコンなんか買ってないです。

パソコンって高いし。

みんなが買ってるからMacにしよう!!
なんて選択の仕方は僕はしないほうが賢明だと思います。
(Appleのマーケティングにやられてます笑)

何のパソコンを買おうか迷っている人は
自分にとってパソコンが必要な理由を考えてみると
おのずとどのパソコンを買えばいいのか決まってくると思います。

 

この記事の最初に自分がノートパソコンを買う理由を挙げましたが

あの3つの理由を満たすノートパソコンは僕にとって
surface proだったわけで
最初はどのパソコンにしようか迷っていましたが

理由をちゃんと考えてからは秒で決まりました

 

もし、あなたがパソコンを買うか迷っているなら
必要だと思う理由を考えてみることをお勧めします。

まあ、タブレットにもなる2in1の
かっこいいパソコンと言ったら間違いなくSurfaceでしょう!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!