[僕も引っかかった事例]インターネットでの仮想通貨の詐欺案件に気をつけて!

どうも!!

仮想通貨、大暴落しましたねー

僕は低いところでまた仕込めたので良かったです。

 

 

仮想通貨は良くも悪くも注目されていますね。

メジャーな仮想通貨は詐欺ではありませんが、草コインと呼ばれるものや仮想通貨周辺の怪しい案件などにはインターネット上にも詐欺案件が沢山あります。

最近は道端でチラシと配って勧誘している事例もあるみたいですね。

 

以下に僕の体験談も含めてどういうものが詐欺の事例なのか紹介していきます。

 

 

事例①「日利○%!!」には気をつけろ!!!

 

今も情弱ですが、もっと情弱だった去年の1月ごろ、「ビットコイン、ブロックチェーンってすげえ!!」

って思ってた僕のところに「投資してくれれば日利3%でリターンが見込めますよ!!」

みたいな案件の情報が回ってきました。

 

僕は「そんなバカな」って思いましたが

「政府の認定証」みたいなものもウェブ上にあったので恐る恐るビットコインで5,000円分くらい投資しました。

 

最初は1日おきにビットコインが支払われて、出金申請をするとちゃんとビットコインのウォレットに戻ってきました。

しかし、1ヶ月経った時くらいにまた出金申請をしてみるとpending(出金止め)をくらってしまったのです。

それ以降、pendingの状態は解除されず、ウェブにもアクセス出来なくなってしまいました。

僕はほぼ預けた分だけ戻ってきたけど、損したという人も多数いました。

 

 

冷静になって考えてみれば日利3%とかありえませんよね。

投資家に払うリターンが多すぎて企業側は一円も稼げないです。

 

こういう高いリターンですぐに消えてしまうような案件を

HYIP(High Yield Investment Program)

とか

ポンジスキーム

って言います。

 

 

 

「あたらしいビジネスなんです!!」とか
「アメリカに本社があるんですよ!!その会社のロゴをペイントをした車もあるんですよ!!!」とか

「そんなビジネスモデルがあるんだったら、今頃大企業がこぞってやってるわ!!」で一蹴です。

気をつけて下さい!!!

 

 

 

事例②「マイニングの設備などへの投資なんです!!」にも注意

 

 

「マイニングするためのパソコンやマイニング専用機器への投資なんです!」
という一見まともに見えますが、このような投資話も疑ったほうが無難です。

上で紹介した僕がひっかかったやつも
「テレビの液晶やマイニング機器の製造、また実際にマイニングをして高い収益を上げています。」
と言っていました。

 

もちろん、有名なAntpoolなどのマイニングプールなどはちゃんとマイニングしていますけど
大抵の場合、マイニングしてないです。

 

なぜなら、今やそこそこの資本を持った企業でないとマイニングで報酬を得るのは難しいからです。

マイニングとはどういうものなのかわからない人は調べてみてください。
そのうちマイニングについて書いてみようかな。

 

 

 

 

 

まとめ

 

インターネットが出てきて情報の流れが速くなりました。

それに加えて仮想通貨のおかげで国外への送金がかなり簡単になり、すごく便利になりました。

 

しかし、その便利さを利用して詐欺を試みる連中もいます。

HYIPだけでなくICOも同じです。

ちゃんとしたICOもありますが、ぺらっぺらなICOもあります。

 

こういうのは仮想通貨の信頼を傷つける可能性があるので早く消えてほしいです。

 

その情報は信頼できるものなのか、しっかりと調査をし、思考停止せずにその情報が正しいのか考えることができれば
詐欺にはあわないでしょう。

 

くれぐれも気を付けてください!!

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!