結果と過程とどっちが大事!?

こんにちは!

はい、本日のテーマはよく話し合われる
「過程」と「結果」についてです。

僕が思うにどちらも大切だと思います。

 

何でどっちも大切か

 

過程が大切な理由

まず、過程が大切な理由は
「人間は何かの目標を目指して
いる途中の過程で成長するから」です。

なかなかうまく行かない時に
うまくいかない理由を自己分析してそこを改善して次に進む。
何かを成し遂げたいときって必ずこの行程を踏みます。

この行程を踏む事によって
自分がアップグレードされていくから過程って大事なんです。

パワーアップした後にまた新しい目標ができても
前よりも速いスピードで目標が達成される。

めちゃくちゃ好循環です!

 

結果が大切な理由

一方、なんで結果が大事かというと
結果があったほうが周りに人が集まってきやすいからです。

 

ここでいう結果とは定量的

つまり数字などではっきりとあらわすことのできる結果のことです。

 

定量的な結果は

「それだけのことができる証明書」

になるわけです。

 

スポーツでもそうですがいくらすごいプレーをし続けても

最終的には勝たないとファンもついてきませんよね。

試験勉強や受験勉強でも成長する過程もめちゃくちゃ大事ですが
「受かる」という結果がないと次に進めません。

 

過程も結果もどっちも大事

(かなりブーメラン)

 

最後まで読んで下さりありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!