[未来予想]仮想通貨が普及する時は来るのか

どうも!

連日、仮想通貨について書いているヨッシーです!

この記事を読んでくれている人はたぶん仮想通貨ホルダーだと思いますが、みなさんは仮想通貨が使われるようになる瞬間ってどんな瞬間だと思いますか?

色々な仮想通貨があって仮想通貨ごとに色んな特色がありますが、今回は「決済機能」について話してみようと思います。

 

 

決済手段としての仮想通貨

 

「決済機能」に絞って使われるかどうかを考えるのには理由があります。

それは仮想通貨は「決済機能」を充実させたのではなく、ブロックチェーンの特性を使い他の機能を充実させたものもあるからです。

 

そして、「一般的」といったのも理由があって、一般的ではないが実際に使われている仮想通貨もあるからです。

たとえば仮想通貨のNEMと同じ構造をもつプライベートチェーンのmijinはジビエ肉の流通経路の追跡確認に使われています。

もう実は使われているんです。

でも仮想通貨に興味がない一般の人は知らないんであえて「一般的」と言いました。

まあ他の仮想通貨も決済で多少は使われているけど、まだまだ公的ではないと言うか一般的ではありません。

そんなことを知らない人でも実際に飲食店、コンビニやスーパーの決済で仮想通貨が使われれば一気に仮想通貨は広まるでしょう。

 

 

仮想通貨が決済として使われる時

 

僕が仮想通貨が決済機能として使われるようになるのはクレジットカードの利便性を仮想通貨が上回る時

だと思います。

まあ、考えてみればすごい当たり前かもしれないです。

 

まだまだクレカの方が利便性が高い。

仮想通貨は処理能力がクレカに劣っています。

 

特にコンビニで少額決済する時なんかユーザーはもちろん手数料無料で、店員さんはカードを通すだけで瞬時に決済できます。

クレカのデメリットは

  1. 高額決済はサインが必要(書くのめんどい)
  2. 店側が手数料を払わないといけない。

この不便さや便利さを仮想通貨が超えた時に仮想通貨は決済手段として一気に広まってみんなに認知されると思います。

 

 

そのXデーは来るのか

これ、重要ですよね。

まあでも僕は来るんじゃないかなと思います。

仮想通貨のアップデートは日々、続いています。ほとんどの仮想通貨は開発陣が日々研究し改善の余地がないか考え続けています。

Bitcoin(ビットコイン)もLightning(ライトニング)が実装されれば早く安くなりますしね。

まあ実装されるのはいつになるか分かりませんが、、、笑

 

インターネットが登場してから技術革新がかなりハイペースに進んでいます。

仮想通貨もこの流れに乗って改良されて行くのではないかと思います。

めちゃくちゃ乏しい根拠ですが

「仮想通貨は日々アップデートされているから、いつか決済手段として一般に使われる。そして一般の人にも認知されるのではないか」という結論です。

 

なのでやっぱり僕は長期保有一択!!!!

みなさんも自分が持っている仮想通貨について考えてみてください!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!