2018/3/21 現在 注目主要仮想通貨 まとめ

メモ程度に書いたのであまり読み手のことは考えていません笑

参考にしてくれれば幸いです。

 

 

2017/12/22付近の相場暴落について

このあたりに大きな暴落がありました。
僕が考えるここで暴落した大きな要因は二つ
①韓国の取引所で流出した多額のビットコインが売られるという情報が出回ったらしく、最近多くなった新規参入者がそれに過敏に反応し売りまくり、それが引き金となった
②年末のため、みんなが利確(利益を確定する)しまくった

 

①に関しては僕からすれば「よくあることなんだけどな、、、、、」って感じです。

「仮想通貨そのものの性能に不備が生じたから暴落した」というわけではなかったので静観していました。

今回の暴落で損したのは主に新規参入した初心者の方じゃないかなと思います。

仮想通貨はふり幅が大きいので自分の減った資産残高を見て焦って売ってしまうかもしれませんが、すぐに戻ることが多いです。
投資の神様のウォーレンバフェットも「我慢することは大事」と説いていた気がします。

目先の損得に惑わされずに相場を長期的に見ることが大事なんじゃないかなって思います。

 

では注目仮想通貨のまとめを書いていきます。

あくまでもメモ程度に書いたので期待はしないでください。笑


主要仮想通貨 注目通貨

 

 

モナコイン(Mona)

一時的に下がってるから買い。当たり前だけど上がる前は下がるので今が買い時だと思われる。

モナコインを使って実際に物が買えるmonappyというコミュニティがあるのが強い。monappyではクッキーとかも売ってるし、絵師がアイコンなどを書いてその報酬としてモナコインをもらうなど。

独自の経済圏が確立されている。

また、秋葉原などでは実際に決済手段として使われている模様。

 

次のオリンピックで注目されるかも??

実際に注目されるかは分からないが、日本人が注目されると思って買いに走り価格が上がることも多いにあり得る。

僕も保有しています。

 

 

ビットコインcash(BitcoinCash/BCH)

 

機能面だけでいうと完全にビットコインの上位互換。取引の処理速度もセキュリティもビットコインの上。

ただ、ビットコインのほうが知名度があるのでまだまだ価格はビットコインのほうが高い。最近、価格が急上昇したので今は買わないほうがいいかも、、、

僕も保有しています。

 

ちなみに、ビットコインは送金手数料に約1,000円かかるので通貨としてはオワコンだと勝手に思ってる。

まあ金のように資産形成の一部としては使えるかな?っていう程度。

 

ついさっき(2017/12/24)、仮想通貨界隈で有名なロジャー氏のインタビューで「2018年にBCHはBTCを抜く」って言っていた。

僕もそう思う。ビットコインは使えないので。

ロジャーの動画の中で6000円相当のビットコインとビットコインキャッシュをウォレットへ送る実験をしていた。

ビットコインキャッシュの手数料は約1円で、ビットコインの手数料は4000円。

この2つだったら送金手段として向いているのはビットコインキャッシュなのは明らかですね。

その動画です

 

イーサリアム(Ethereum/ETH)

 

ほかの通貨にはない機能を持っている。

スマートコントラクトと言ってブロックチェーンに「誰が誰にいくら送ったか」という情報だけでなく、「どのような契約を結んだか」も書き込めるのが特徴。

不動産の登記などへの応用に期待されている。

最近、価格が上がったばかりなので今は買い時じゃないかも。

2017/12/25追記
この記事で紹介している通貨のなかでは1番堅実だと思う。色々な通貨を調べて思ったけど、スマートコントラクトをイーサレベルで実現している通貨はないのでイーサが実際に使われる可能性は大きい。
またプラットフォームとしても優秀。

僕は最近、実のないビットコインを全部イーサに変えました。

 

2018/1/11追記

ここ数日で2倍になりましたね。ビットコインをイーサに変えといて正解でした。

まあイーサの利便性を考えるとこれだけ上がるのは当然だと思います。

 

リップル(ripple/XRP)

 

銀行間の送金などに期待されている。

 

今までは円をドルに変える場合は

両替所などドル

という順序であったがリップルはこの仲立ちとして

リップルドル

のように「ブリッジ通貨」としての役割を果たせる。このように仲立ちがリップルに変わると「手数料が安く」なり「時間がかからなく」なる。

数多くの銀行が導入を検討している。

僕も保有しています。

絶賛爆上げ中なので今買うのはあまりオススメしないかも。リップルは表面上の発行枚数がめちゃくちゃ多いので前は「1XRP=100円くらいになるように設計したのではないか」みたいな話がありましたが、今の状況を見るとそれは違うことがわかります。

 

XRPとREP、間違えないようにしてくださいね

1XRP=500円くらいまでいくんじゃないかなぁ

2017/12/30追記
いや、もっと行きますね。
本当に銀行間の送金で使われるようになるなら規模的に
1XRP=1500円くらいまでは行きそうです。

あと12/29の夜にかけての急騰についてですが
アメリカのニュース番組のCNBCでリップル社のCEOが「リップルは銀行間送金で使われる」と明言したのが原因の1つとして考えられます。

 

rippleについてはこのサイトが良くまとまっています。

http://gtgox.com

 

 

ネム(NEM/XEM)

 

個人的に一番注目している通貨。

取引の承認方法はビットコインやイーサなどのPoW(Proof of Work)やPoS(Proof of Stake)とは違うPoI(Proof of Importance)という承認方法を使ってたり、調べてみるとここでは紹介しきれないほど様々なことができる。

 

軽くいいところを説明すると

      1. セキュリティがかなり硬い
      2. 取引スピードが速くなる
      3. 取引認証方法がPoI
      4. 簡単にトークン(仮想通貨のようなもの)を作成できる

 

取引処理速度に関して

2018年に「カタパルト」という機能が実装予定で、それが実装されれば1秒間に約3000件もの取引が処理できる。

ビットコインが現在1秒間に14件、世界で一番ユーザーが多いクレジットカードのVISAが5000件の処理能力だから

決済手段としての価値がかなり上がる。

 

つい最近値上がりしたばっかだけどまだまだ上がると思っているので買い。

コアなファンが多いのもプラス要因。

僕も保有しています。

ほとんどが海外での活動になっていますが、運営陣たちが宣伝頑張っているのもプラス要因。

 

2018/1/23追記

いままではNEMは分かりやすさ重視のため、決済の手段としてしか紹介してなかったけど

「お金2.0」を読んだりして、NEMの本分は「簡単にトークンを作れる」というところにあるということを再確認したので

そこをもう少し詳しく書くことにしました。

 

「トークン」っていうのは仮想通貨上に作れる別の仮想通貨のようなもの。

 

これって実はすごいことで
今まで通貨を作ることって国家しかできなかったんだけど
NEMがあれば簡単に誰でも自分の通貨(トークン)を作れちゃう。

 

日本の経済圏は日本の政府が作っていて通貨の流通量とかをコントロールしているわけですが
NEM上で誰でも通貨を発行できて、通貨の総量を決めたり自分で手数料を決めたりできる。

 

市場の中では会社と会社同士が競争しているけど
今までって資本主義っていう一つの経済圏しかないから
経済圏同士での競争がなかった。

 

でも誰でも独自の通貨を発行できる、つまり経済圏を作れるようになると
複数の経済圏が存在することになり
経済圏同士での競争が起きるので

例えば「資本主義経済はなんだか最近おかしいから別の経済圏にいこう」
とかってことが可能になってくるわけです。

 

最近ようやく資本主義って不便なところがあるよねって声がだんだんと大きくなってきて
実際、資本主義だといろいろな問題がある。

でも資本主義以外にも選択肢があるなら
資本主義の中で不幸な人は別の経済圏へ行ってそこで暮らせばいい
ということが可能になるかもしれない。

 

 

こういう壮大なことを実現できる可能性がNEMにはあります。

というわけでやっぱり僕はNEM推しですね。

 

 

 

coincheck事件

 

 

2018/3/21 追記

いろいろありましたね。

 

まず簡単に1/26のcoincheck事件について

 

まあ簡単に言うとcoincheckがマルチシグ等のセキュリティ対策をしっかりしていなかったのが

原因でしょう。

 

NEMは全く悪くないです。

ポジショントークではないです。

 

事件後のNEM財団の動きがスムーズで

僕はNEMに対する印象があがりましたね。

 

まあ一番悪いのは盗んだ犯人なんですけどね。

 

あとこれ。

 

これは本当にひどい。

日本の警察や検察機関の闇ですね。

 

 

NEM財団によるXEMの追跡終了

 

そして今日、2018/3/20に流出されたXEMの追跡が終了しました。

これ以上やっても意味がないと思ったのでしょう。

 

 

 

 

NEMがBinanceに上場!!!

 

これはめちゃくちゃ嬉しいニュースです。

 

Binanceとは世界的にトップ層の海外仮想通貨取引所です。

この発表があってからXEMの価格が一気に

約30円から約36円まで上がりました。

 

coincheckがNEMのセキュリティを後回しにしていたのは

NEMをコールドウォレットに移しにくかったからですが

マルチシグ等のセキュリティの準備が整ったから

上場したのでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、参考にしてくれるのはうれしんですけど、取引によって出た損害等の責任は負わないのであしからず。

口座開設はこちらから↓

coincheck(コインチェック)
簡単安心!ビットコイン取引所 coincheck

bitFlyer(ビットフライヤー)
https://bitflyer.jp?bf=5e4gyawk

Zaif(ザイフ)
Zaif

 

各取引所の特徴を書いた記事がこちらです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!