ビットコインは「まだ」バブルじゃない~バブルは人間がアホだからおきる~

 

ビットコインがついに1BTC=100万円を超えました、、、!!!

 

 

まあほとんどが投機的なお金だと思いますが

ビットコインの仕組みを理解して「投機」ではなく「投資」的な立場で法定通貨を仮想通貨に変える人が多くなる事を祈ってます。

 

まあほんとに理解しているならビットコインはそろそろやばいってことにも気づくと思いますが、、、、

 

 

時価総額がどんどん増えていく一方で

「仮想通貨はバブル。そのうち崩れる」

と言っている人がいます。

 

こういう人は3種類に分けられると思います。

①バブルがなぜ起きるのか理解してない

②仮想通貨をよく理解してない

③上の2つをわかっていて情報操作しようとしている人

 

③はほっときましょう。

①と②の人に向けて記事を書いていこうと思います。

 

 

そもそもバブルってどうして起こるの?

 

 

バブルは「人間がアホ」だから起こります。

はい、人間はアホです。

 

チューリップバブルも日本が経験したバブルも人間がアホだから起こりました。

 

 

そのものの凄さ、良さ、価値を理解せずに
相場だけを見てその価格を決めるから
ほんとはそんなに価値がないものに破格の価値が付きやがて崩れるんです。

 

 

じゃあ仮想通貨はどうか。

仮想通貨の価値の源泉は

「オープンソース(≒非中央集権)の元で
強固なセキュリティに守られて手軽に価値を送受信できる」ことです。

つまり仮想通貨の価値がなくなる時は
「中央集権化」したり「脆弱なセキュリティ」になったり「手軽さ」が失われる時です。

ちなみに最初は
「非中央集権だすげえ!!」
ってなってたビットコインも最近は中央集権化してきましたね、、、トホホ

 

じゃあ価格は落ちるのかというとそうではありません。
なぜなら「相場」を決めるのは売買に関わる全ての人だから。

 

一部の有識者が価格を決めるなら中央主権化してきたら価格はすぐに落ちるでしょう。
しかし相場にはいろいろな人がいます。


価格上昇を見込んで投機マネーを流し込む人とか。

 

実際にそこまでの価値がなくても「それ以上の価値がある!」
と見込む人が大多数になれば価格は上昇します。

 みんなが「まだ上がる!まだ上がる!」
と思ってお金を流し込みます。

 そして、大多数が「これ以上上がらない」
と判断した後に価格は下がります。

 

普段の相場でも大きく上がったらほとんどの場合下がりますが、
その物の価値をはるかに超える高値がついた後の下げはとてつもないです。

 

このとてつもない下げを僕らは「バブルがはじける」と言います。

 

でもみんながその適正価格を見極められていれば、人間がアホじゃなかったら
そもそもこんなことは起きません。

 

 

何でそのコインがあがるのか、明確な根拠を持つことが大切

 

確かな根拠の元でその投資が適切なのかを見極めるのが重要ですね。

 確かな根拠の元で相場を見ていれば加熱しすぎているものを手放すのもできるはずです。

まあそれが簡単にできたら苦労しませんが笑笑

 

 

まあなので今のところ仮想通貨はバブルではないと思いますね。
(ビットコインはちょっと微妙だけど)

仮想通貨はいろんな種類があるので
そのコインに将来性があるかどうかを見極めるのが大事ですね。

 

「仮想通貨はバブルじゃない」でした!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!