理系大学生がスタイル・エッジ(コンサル系ベンチャー)の2Dayサマーインターンに行ってみた

どうも!
理系大学生のよっしーです!!

先日コンサル系のMS&Consultingさんの
インターンに行ってきましたが
今回はコンサル系のスタイル・エッジさんの
インターンに行ってきました。

ちなみに物理学科の主な就職先をまとめたのはこちら。

[理学部は就職先がない?] 物理学科の就職先・技術のまとめ13選!!

2018年7月27日

スタイル・エッジさんとは?

スタイル・エッジさんは弁護士などの

士業

の方が
主なクライアントであり
例えば弁護士事務所の経営状態を良くするための
コンサルタントをして収入を得ているようです。

スタイル・エッジさんは少し規模の大きいベンチャー

また従業員数は190人近くではありますが
設立してから10年程度しかたっていないので
定義にもよりますがベンチャー企業と言えます。

ハンズオン型で戦略立案からPRまで必要なことは全部やる

「ハンズオン型」というのはコンサル業界では
よくある働き方でクライアント先に常駐して
クライアントに密接にかかわりながら業務改善をしていく
コンサルティングのスタイルです。

スタイル・エッジさんはハンズオン型のコンサルタントで
経営の入口から出口までをサポートしているようです。

具体的には
事業計画
マーケティング
営業力強化・育成
採用支援・人材育成
PR・ブランディング/戦略立案・運用/広報支援
業務フロー改善

普通、業務計画を委託するなら戦略系コンサルに頼むし
マーケティングはマーケティング会社に頼みますが
スタイル・エッジさんは経営に必要なことを
まるまるコンサルティングしてくれるようです。

スタイル・エッジさんのシステム事業部

今回。僕は戦略コンサルタントとしてではなく
SEの採用枠としてirootsで声をかけられました。

SEと言ってもクライアントさんと話して
クライアントさんに適切なシステムの開発をするといった具合で
ちょっとコンサルの要素を含んでいるのが気に入りました。

手に職をつけておけば最悪日本がデフォルトしたときに
海外移住してそのままプログラマーとして
働くってこともできるので
プログラマーもいいなって思っています。

前置きはこのくらいにして
2Daysサマーインターンの概要を書いていきたいと思います。

スタイル・エッジさんの2Daysサマーインターンの流れ

1日目

初日は10:30に会社に集合で18:00解散見込みでした。

最初はスタイル・エッジさんがどのようなことをやっているかなどのガイダンスから始まりました。

そして11:00からワークが始まりました。

クライアントの年商を2億円にせよ!!

クライアントは架空の弁護士事務所。
経営状態は悪く赤字になっていてそこから
1年間で年商を2億円にしようというお題でした。

ワークの中で特徴的だったのが
1年間の広告費、人件費、売上、経費などを
1か月ごとにエクセルで算出しなければいけないことでした。
(もちろん基本的なフォーマットは用意されていました。)

仮定した数字に無理はないか状況に無理はないかなどを細かく見られました。

また、弁護士事務所のLP(ランディングページ)が
既に用意されていてLPをどのように改善したらいいのか
ということもお題に含まれていたのが特徴的でした。

とりあえずワークを初めてまずは現状分析と目標のギャップ、つまり課題を洗い出すことから始めました。

お昼ご飯は焼肉弁当!!!

ちょっと作業をしたらお昼になったので
お昼ご飯を食べました。

まあどうせしょぼい肉だろって思っていたら
いいお肉でした!!!!

ごはんの上に乗っかているのはタンでコリコリしてておいしかった、、、

昼食後はまたすぐにワーク開始。

社員さんがクライアントになりきってインタビュー

途中で社員さんが弁護士事務所の弁護士という設定で
どのようなところに問題を感じているかなどをインタビューしました。

スタイル・エッジの社員さんによる最終フィードバック

終了の2時間前の16時に社員さんによるフィードバックがありました。

割と進んでいたほうだったので特に深く追及はされなかったですが
訂正箇所がいくつか見つかり大急ぎでパワポを修正しました。

そして僕たちの班は予定していた終了時間から15分ほどオーバーして終了。

僕らの班は15分オーバーしちゃいましたが
他の班は家に持ち帰ってまでしたところがあったので
全然いいほうでした。

こういうコンサル系のがっちり系のワークって
大抵めちゃくちゃ伸びるので
最初からガンガンスピード感を持って
進めるとあんま時間がかかりすぎずに終わります。

まあ終わるスピードは班員にもよります。
僕の班はみんな優秀だったので時間かかりませんでしたね。

スタイル・エッジの役員さんによる大学生に向けた言葉

ワークのフィードバックが終了した後は
締めとして役員さんからお話がありました。

その話の中で印象的だったのが
「成長している企業にいたほうが勝ち癖がつきやすい、勝ちパターンをつかめる」
という話でした。

ベンチャーって福利厚生が魅力的じゃないとか
短所もありますけど
「勝ちパターンがつかめる」
っていう利点もあるんだなって思いました。

スタイル・エッジさんのサマーインターン後の座談会

インターンが終わった後は座談会があり
美味しいごはんを囲みながら社員さんインターン生で会食しました。

僕は同じ大学の先輩がいたので
社員さんとはあんまり話さずに
自己分析の仕方とかどんなふうに就活を進めたのかとかを聞きました。笑

やっぱ自己分析は大事!!って言われました。

そのあとはグループのみんながフレンドリーだったので
他グループの人たちも含めて昼間から居酒屋に行きました。笑

まとめ-スタイル・エッジさんのサマーインターン-

グループワークもうまくいったし
端的に言えば楽しかったですね。

やっぱり印象に残っているのは1か月刻みで1年後までの事業予算を組んだことですかね。
まあ言ってもまだ3つしかインターン行ってないんですけどね。笑

あとやっぱり新人でも裁量が大きいなって思いました。
最初に面接してくださったのも
入社2年目くらいの若手の方でしたし
このインターンを企画したのは4年生のインターン生だったらしいです。

採用って企業からしたら一大イベントだと思うので
そんなイベントの中核を任せてもらえるのはやっぱりベンチャーならではだなって思いました。

大手企業だと絶対にありえないと思うので
やっぱりベンチャーはそういうところがいいなって思います。

最後まで読んでくださってありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

某国公立大学の物理学科学部3年生のよっしーです!!主に大学生活がもっと便利に楽しくなるような記事を書いています! まだまだ弱小ブログだけど大学卒業までにはもっとでかくして、会社以外の収入を作ってもっとでかいことして社会に貢献出来たらなと思っています!!